青汁ランキング

青汁で野菜不足を補って健康的に

青汁は、傷の修復や精神のバランスを整える役割を持つ補酵素ビタミンや、体全体から見ると微量にしか含まれないが、全身機能の調節におおきな役割を果たすミネラル、糖質の吸収速度を緩やかなものにし、急激な血糖値の上昇による空腹とそれに続く過食を抑えてくれると言われている食物繊維などを多く含む食品である。

食物繊維は先に述べた役割の他に、腸内で有益な働きをしてくれる乳酸菌のご飯になったり、水を含んで暈が増した状態で腸内を移動することによって栄養を摂取した後の食べ物の残りかす、有体に言うと便の排出を促したりする助けとなると言われており、便秘や体重増加に悩む人の中には青汁の愛好者も多い。

青汁に使われる野菜は、小松菜、ブロッコリー、モロヘイヤ、ゴーヤ、明日葉、ケール等一般に野菜として食されるもののほかに、柿の葉、たらの葉、桑の葉、発芽して成長した大麦等通常は食用にしないものも使われる。普通では硬くて食べられないようなものでも、粉砕して絞ることでその栄養を摂取できるようになるのが青汁の魅力のひとつである。

普段、経済、食習慣等の諸事情から野菜不足を自覚する人が飲むことも多いようだ。また、現在では改善されたが、往時「まずい、まずい」と噂され、罰ゲームにされた経緯から好奇心で試しに飲んでみたと言うのが青汁を継続して飲む動機になった人も少なくない。

青汁には絞ったばかりの汁を飲む生ジュースのようなものと、粉末にした物を水、牛乳、野菜ジュースなどに溶かして飲むもの等様々な形状のものがある。青汁の味が苦手な人にはこのような錠剤タイプのものが人気のようだ。また味自体が苦くなく美味しい青汁もある。

色が緑色で原材料の大半が加熱されていない物ならば広義の青汁の定義に当てはまり、好みの味や原材料がある場合は、ミキサーや乳鉢などを使って自分で青汁を作ることも可能である。調合を変えるのを毎日の楽しみにしている人も少なくない。すりつぶすのが面倒な人は市販の青汁の粉末を使うと様々なドリンクや料理を手軽に作ることができる。

これなら飲める!飲みやすい青汁ランキング

  • 1位 サントリー 極の青汁
  • 2位 神仙桑抹茶ゴールド
  • 3位 ステラの贅沢青汁
  • 4位 えがおの青汁
  • 5位 青汁三昧

青汁とは

青汁とは、広義には植物を細かく砕き、その汁を濾した(中にはそのままのものも)緑色の液体を示す言葉である。もう少し狭い定義づけをすると、美容や健康促進に有益であると考えられる植物の成分を効率的に摂取できるように加工した液体もしくはそれに類似した健康食品と言うこともできる。グルコサミンやコンドロイチンと並んで人気の健康食品といえる。 こだわりがある人は、自分で山野草を摘み、冷蔵庫のあまり野菜と合わせて青汁を作ることがあるようだ。タラの芽が育った後のタラの葉はとても食べられたものではないが、中には青汁として使う人もいる。とことんまでこだわる人は、電気を使うミキサーでは熱がこもったり、金気で色が悪くなったり、水気が多くなったりすると言って乳鉢やすり鉢で野菜をすりつぶすようだが、手間と時間がかかるので、そこまでいくともはや食品と言うより趣味の領域であると言っても過言ではないだろう。因みに、ドクゼリ(セリと間違えられて誤食される)紫陽花(紫蘇と間違えられた事故がある)トリカブト(おひたしにするとおいしいニリンソウと間違えられる)等美味しく食べられる野草と紛らわしい毒草もあるので半可通が野草つみをすることは好ましくない。ヨモギやドクダミ等間違いようのない野草でも、それが生えている土が寄生虫や農薬などに汚されていることもあるので、その土地が元は何に使われていたか、調べてからとる必要がある。 普通はそこまで苦労する必要はなく、既に健康食品として飲みやすい形状になったものをドラッグストア等で購入するのが一般的な行動である。